<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

天使になれるカフェ

今日は日本で一番寒い日だそうですよ:;((•﹏•๑)));:
先日は雪も降りましたし、今年の日本は寒い冬の時期を迎えているようですね。
私も、最近デスクでのお供がゆず生姜湯になりました(◍•ᴗ•◍)

 

こんな寒い日は、カレー🍛が恋しい。。。なんて方もいらっしゃるはず!笑
そんなわけで、職場のカレー好きの先輩の名言(迷言)をひとつ。

 

「カレーとは罪なヤツで、一度口にするとブームになる」

 

本当にそうなんですよね、私も今やっとカレーブーム過ぎ去りました笑
はっきり言って罪ですね、ホント(^◇^;)

 

実はTwitterでもちょろっとご紹介したのですが、どうしてもお話したくてヾ(。>﹏<。)ノ゙✧*。
先日、私の大切なソウルメイトさんと、お友達の子と一緒に茅ヶ崎にあります「Angel Cafe」という素敵なカフェをご紹介されて、ランチに行ってきました♬

 

気配り上手なお姉さんが運営していらっしゃる、小さな隠れ家的カフェ☕なんですけど、
ちょっと言葉では説明できないほど、本当に素敵で✧* 笑
お名前の通り、天使👼をテーマにしたカフェなので、入り口から向かって右の真っ白な壁面に大きな翼が描かれているんですね…!
翼を背景にしてお写真を撮らせていただけるので、自分も天使になった気分を味わえるという
私インスタやってないのですが、いわゆる超インスタ映えするスポットというわけです♪

 

しかも、天使や羽をモチーフにした、雑貨やアクセサリーもちょこっと販売されてたりして💫
可愛いもの好きの女性には、きっとたまらないはず!


それでもってご紹介したいのは、ランチセットメニューにある薬膳カレーなんです!
私実は薬膳カレーって食べたことなくて。。。笑
どんなものか、とワクワクしていただかせていただいたのですが。

 

 

まず、盛り付けの配膳から可愛いでしょ(o´艸`)
羽の箸置きとかなんともキュート💕
サラダも有機野菜という身体にやさしいお野菜にこだわられて作っていらっしゃるとか!
本当に、お野菜が甘いというのはこういうことを言う…!を感じられるサラダ♪*゚
彩り豊かで本当に見てるだけでも楽しいお料理です😋

 

そして、肝心のカレーもとっても生姜がスパイシーでちょっとキーマっぽい!
最初は量が多いかなと思ったけど、美味しいから意外とぺろっと食べられてしまうんですね笑
寒い日だったのですが、身体がぽかぽかしてきて本当に女性に嬉しい健康的なお料理でした(。-人-。)✧*

 

他にもメニューを拝見させていただくと、身体に嬉しいお料理やお飲み物ばかり!
スイーツ🍰も小麦粉やお砂糖不使用のものばかりで、なんか本当に罪悪感のない感じ笑←
ぜひまた行ってみたいな〜って思いましたよ(●´ω`●)

 

茅ヶ崎はなかなか地名としては聞かないかもしれませんが、大きな駅ビルもあって、意外と降りてみると発見のある街です!
皆さんもぜひ、遊びに来た時には「Angel Cafe」覗いてみてくださいね🎶

 

では、私はこれから父の美容院へ(*´︶`*)
行ってきます♪

 



”感受性がつよい”ってなんだろう?

今日は東京で初冠雪でしたね!
会社から退勤勧告が出たので、仕事を早めに切り上げて帰ってきましたが、地元神奈川でも10cmは積もってました…!
さくさくの雪の感覚が、本当に新鮮で大好き(o´艸`)💕

明日になったら、もう溶け始めてしまうのでしょうか。。。
なかなかない体験なので、ちょっと寂しいですね…(´・ω・`)

 

 


さて、本日は。私のHSPのことについて少しお話しようかと思います。
HSPって普段生活していて聞き慣れない言葉であることは間違いないです。
最近メディアで取り上げられることもありますが、知名度が低いので、「私はHSPです」といったところですぐに理解してくれる方が周りにいないのが現状です。
つまるところ何?ってとこなんですよね。

 

HSPについて詳しく知りたい方は、専門医で有名な長沼睦雄先生の著書をお読みいただくのが一番かと思います。
ここからは、私が持っているHSPの気質を少しお話しさせていただこうかと思います。

Continue Reading


手紙を書くということ。

こんにちは(о´∀`о)

 

何から書こうかなと悩んだのですが、しばらくブログ作りにお熱だったので、Twitterでお話した内容を掘り下げていこうと思います。

 

親友にも勧められ、今月より始まったアニメ「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」を最新話まで追いました。

 

あらすじは公式サイトをご覧いただけるとお分かりになるかと思いますが、戦争で感情を持たずに戦う「道具」として生きてきた少女兵が、戦後手紙の代筆業に挑戦して「愛してる」という感情を探す物語なのだそうです。因みにフィクションです。

 

まだ2話までしかオンエアされてませんが、もう涙が止まらないくらい感動するアニメ。。。
(ただ私が涙脆いだけかもしれませんが笑)

 

先日ちょうどその話をうちの哲学者(弟)としたんです。
普段はひょうきん者の弟。
だけどさすが文系の大学を出ているからか、思考がしっかりした子です。
この話題に火がついたうちの哲学者は語るわけです。

 

「涙が出るほど感動するということは、過去の実体験の似たような場面に自らを重ねていることが多い。そこで読み取るべきは、あの時の体験はこういうことだったのか、というこの作品を通して作者の訴えたいもの、俺たちに伝えたいこと。そこから学ぶし、俺はそれを考えるのが好きなんだ。」

 

…なるほど、深い。
さすが私や親とはアタマの造りが違う子だなぁ…と感心。
そして、聞くわけですね。

 

「んで、姉ちゃんは何に感動したの?」

 

感動屋のわたし。
色々考えさせられることが多い作品だけど、私が1番伝えたいことは。

 

 「感情」とは、相手がいなければ発生しない。
 「感情」があるから手紙を書ける。
 「手紙」とは、相手があって始めて書かれるもので、
  相手に「感情」「思想」「考え」を伝えるツールとして使われるもの。

 

今や、メール、LINE、テレビ電話…デジタル化してしまった世の中で、手紙を代筆する仕事はおろか、手紙を書くことさえも少なくなったこの時代。。。

 

手紙を書く習慣、みなさまにはありますか?

 

私は毎月1〜2回ほど、手でお手紙を書く習慣があります。
大切な人に宛てて書く手紙、実はとても難しいものです。

 

 冒頭の挨拶はどうする?
  敬語の使い方はあってるかな。
  結びの挨拶は毎回変えなきゃ。
  3枚以内が読みやすいって言うけど、どうもまとまらない。
  口で言えたら簡単なのに、文章にすると表現が難しい…

 

…などなど。
そこには少なくとも”思いやり”がちゃんと存在するわけです。

 

我々でさえ書くのが難しい手紙を「感情がない」という主人公がしかも相手と相手をつなぐ手紙を代筆するというのは、かなりの難題に挑戦することになりますよね。
伝えたい相手の感情を受け取り、伝える相手にそのまま送り届ける。。。
そんな仕事に就いて「自分には向いてないのか」と周りの同僚に聞く無垢な主人公の思いと、「それでもこの仕事をやり続けたい」「愛してるを知りたい」という無防備な好奇心に、心打たれるものがありました。

 

物語の中でも、言われますが

 

 「(感情を 愛を)知らないほうが、楽に生きられるかもしれない。

 

でも、知らなければ分からない真実もある。
それを知る手段としての、手紙の代筆業というあまりにダイレクトで繊細な人の感情に触れる仕事。

 

今、そういう仕事があるのならば。
私もやってみたい。

 

そして私も「愛してる」の意味を知ってみたい。
主人公と共に「愛してる」を探しながら
原作者の方の「伝えたいもの」を探しながら
引き続きこの続きを最後まで見届けたいと思います。

 

そういえば。
もう世間では、バレンタインの商戦が始まっている頃じゃないでしょうか。
チョコ、雑貨、形ある贈り物も大切だけれど。。。

 

大切な方へお手紙、ぜひ「手書き」で書いてみてください(◍•ᴗ•◍)
便箋1枚、いっぱいの文章。
その時のこころの動き、それがあなただけの大切な「感情」です。

 

ぜひ、挑戦してみてくださいね✧*。

 

 


片倉あい